絆をつくる、明日へつなぐ

【名古屋銀行】

名古屋銀行リフォームローン

名古屋銀行のリフォームローン。増改築、外構工事、造園工事など、リフォームに関する資金に幅広く対応!別荘などのリフォームにも対応!太陽光発電システム購入にも!
給与振込をご利用のお客さま 基準金利より年▲0.5%引き下げ

※ 金利優遇は、名古屋銀行で給与振込をご利用いただいている方が対象となります。

※ 500万円超のお申込みの場合、団体信用生命保険へのご加入が必要です。

※ お借入期間は1年以上20年以内(1年単位)となります。(ご完済時の年齢による制限があります)




よくあるご質問

申込みはどこでできますか?

名古屋銀行の窓口でお申込みください。

※ 東京支店、エイティエム支店、今池ローンセンター支店、インターネット支店を除きます。

借入するには担保や保証人が必要ですか?

原則不要です((株)セディナが保証します)。

※ ただし、収入合算をされる場合は、収入合算者が連帯保証人となります。

現在、名古屋銀行へ給与振込をしていませんが、金利優遇を受けられますか?

給与振込口座を名古屋銀行へ変更していただければ、金利優遇をご利用いただけます。

※ ただし、ご融資実行時までに給与振込がなされる必要がございます。

申込みにはどんな書類が必要ですか?

以下の書類をご用意ください(正式申込みの際に必要となります)。

本人確認書類

  • 運転免許証、マイナンバーカード、パスポート、在留カード(在留資格=永住者または
    特別永住者)、住基カード(顔写真付)をご用意ください。

収入確認書類(お申込み金額が301万円以上の場合必要となります。)

  • 給与所得の方は、前年分の源泉徴収票をご用意ください。
  • 事業所得の方は、税務署の受付印がある前年分の確定申告書をご用意ください。

資金使途確認書類

  • 見積書、請求書、契約書等、ご融資金のお使いみちと金額の確認ができる書類を
    ご用意ください。

勤務先確認書類

  • 給与所得の方は、健康保険証、源泉徴収票等をご用意ください。
  • 事業所得の方は、確定申告書等をご用意ください。
繰上返済手数料はかかりますか?

一部繰上返済(期間短縮型)、全額繰上返済ともに手数料は無料です。

※ 一部繰上返済(返済額変更型)のお取扱いはございません。


お申込み・ご契約の流れ

申込みからローン実行まで


商品内容

ご利用いただける方
  • お申込み時の年齢が満20歳以上、ご完済時の年齢が満75歳以下の方
  • 安定した収入(所得)が継続的に得られる方
  • 名古屋銀行指定の保証会社の保証を受けられる方
  • 名古屋銀行の営業区域内に居住または勤務している方
お使いみち

お申込人またはそのご家族の方が所有する居住用建物(店舗・事務所等との兼用住宅も含みます)にかかる次の資金

  1. 住宅のリフォーム資金や住宅に施工するエコリフォーム資金

    ・ 増改築、改装、補修、門扉・フェンス・車庫・造園等の工事代金

    ・ 住宅リフォーム時に購入する家電・家具・カーテン等の購入資金

    ・ 太陽光発電設備工事・オール電化リフォーム・ガス発電・省エネルギー住宅工事等
    (10kw以上の太陽光発電設備も可。ただし、自宅敷地内の建物に設置する場合に限ります)

  2. 住宅リフォーム時の諸費用

    ・ 登記費用、事務取扱手数料、火災保険料、引越費用等

※ いずれの場合も資金使途の確認資料をご提出いただけることが条件となります。

お借入金額 10万円以上1,500万円以内(1万円単位)
ただし、お借入金額が500万円を超える場合は、名古屋銀行所定の団体信用生命保険に完済までご加入いただくことが条件となります(保険料は銀行負担です)。
お借入期間 1年以上20年以内(1年単位)
金利方式 固定金利型
ご返済方法 元利均等返済。お借入金額の50%までボーナス返済の併用もできます。
担保 不要
保証人 原則不要((株)セディナが保証します。)

※ ただし、収入合算をされる場合は、収入合算者が連帯保証人となります。

保証料 銀行負担です。
事務手数料 10,800円(消費税8%を含む)
その他 お申込みに際しては所定の審査がございます。
審査の結果、ご希望に添えない場合もございますので、ご了承ください。

平成29年1月20日現在


本件に関するお問い合わせ

フリーダイヤル 0120-758-541

<受付時間> 平日 9:00〜17:00 (土日祝、銀行の休業日は除きます)

※携帯・PHSからもご利用いただけます

※詳しくは、お近くの営業店またはローンプラザへお問い合わせください



← [ 住宅ローン商品一覧 ] に戻る   ↑このページのトップに戻る