ワークライフバランスへの取組み

働き方改革

名古屋銀行働き方改革宣言 [ Are you happy? ]

名古屋銀行で働くすべての人が、豊かな未来と幸福を創造できるように、新しい働き方に取組みます。

  • ムダ・ムラが無く効率的で、「やりがい」に溢れた働き方を実現します。
  • お互いを尊重し、すべての人がこころもからだも健やかな働き方を実現します。
  • 仕事とプライベートを調和させ、人生が輝く働き方を実現します。

健康経営

名古屋銀行健康宣言

名古屋銀行は企業の活力を高め、地域社会の繁栄に奉仕するためには、役職員とその家族の心身の健康が重要であると考え、健康保持・増進に向けた取り組みを積極的に行っていきます。また、役職員が「やりがい」「いきがい」を持って働くことができる職場環境づくりに努めていきます。

健康宣言に基づく主な取り組み

からだの健康

  • 定期健康診断受診の徹底
  • 特定保健指導実施率の向上
  • ストレスチェックでの回答率向上、結果に基づき保健指導を実施

こころの健康

  • メンタル不調者に対するサポート
  • ラインケア、産業保健スタッフによるケアの充実

職場環境の改善

  • 受動喫煙対策の徹底
  • 労働時間適正化に向けた取り組み

背景と課題認識

「地域社会の繁栄に奉仕する」ことを社是として地域の発展とお客さまに信頼・支持される銀行を目指し、「事業の運営は人である」との理念から人材育成には力を入れています。また、行訓に「人を高め、人を厚くし、明るい職場をつくる」と定めています。役職員が「やりがい」「いきがい」をもって働くためには役職員とその家族の心身の健康が重要であり、こころもからだも健やかな状態で働き、生産性やパフォーマンスの向上につなげることが重要な経営課題であると認識しています。

期待する効果及び目標

こころもからだも健やかな状態で働くことができれば、役職員の満足度が高まり、未来創造業としてお客さまとともに発展し、地域貢献がさらに高まり、生産性やパフォーマンスが向上します。さらには収益力や企業価値が向上すると考えています。
2021年に従業員向けにエンゲージメント調査を実施しました。「やりがい」「いきがい」を高めるためには従業員のエンゲージメントを高めることが重要です。エンゲージメントを表す指標であるeNPS(Employee Net Promoter Score)を高めていくことを目標としています。

健康経営体制

頭取をトップとして、人材開発部が主体となり健康保険組合、従業員組合、産業医、保健師と連携して従業員の健康保持を推進しています。また、健康管理会議を定期的に開催して意見吸収をはかり、健康経営施策を審議・実施を行っています。経営会議の場で施策の実施状況や結果を報告しています。

従業員の健康課題

健康保険組合に年1回送付される「健康スコアリングレポート」では生活習慣病として血糖値、血圧に改善余地があります。運動習慣については全組合平均を下回っています。また、がんの早期発見・早期治療できる施策を実施していきます。病気の予防には普段の生活習慣改善が必要であり、役職員の健康に対する意識を高める努力をしていきます。

健康経営戦略

重点施策・KPI

項目 2018年度 2019年度 2020年度 目標値
(~2025年度)
特定保健指導実施率 32.3% 47.3% 49.0% 80%以上
がん検診受診率(35歳以上) 84.8% 87.4% 88.4% 90%以上
喫煙率 15.7% 14.3% 13.0% 10%以下
運動習慣保持者率(週2回30分以上) 20.0% 21.0% 20.7% 50%以上
適正体重維持者率(BMI18.5~25未満) 60.3% 58.1% 54.8% 65%以上
ストレスチェック高ストレス者比率 9.3% 9.9% 8.9% 5%以下

主な活動状況・指標の推移

次世代育成支援(一般事業主行動計画)

従業員が仕事と子育ての両立と、全ての従業員がその能力を十分に発揮できるよう雇用環境の整備を行うと共に、地域の次世代育成対策に貢献するため、次のとおり行動計画を策定します。

計画期間

2021年4月1日から2023年3月31日までの2年間

内容

目標1

2023年3月31日までに、企業全体でダイバーシティの考え方をより浸透させ、柔軟な働き方の実現を目指す。

目標2

2023年3月31日までに、ワークライフバランスを充実させるため、制度の見直しを図り、有給休暇の取得率を上げる施策を実施する。

ワークライフバランス支援制度

制度

名古屋銀行は、仕事と家庭の両立支援の一環として、産休・育休に関する制度、介護に関する制度、また勤務に関する様々な制度を整えております。今後も従業員が働きやすい環境を整えてまいります。

育児

出産(産前・産後)休暇:産前6週・産後8週就業禁止、育児休職制度:満2歳まで取得可能、短期育児休職制度:1日(有給)の取得、育児短時間勤務制度:30分~150分の就業時間短縮、早期復職育児手当:1歳未満で復職した場合手当支給、企業主導型保育園の利用:空きがあれば優先的に入園可能、看護休暇制度:1年度1人5日間、2人以上10日

介護

介護休暇制度:1年度1人5日間、2人以上10日、介護短時間勤務制度:30分~150分の就業時間短縮、介護休職制度:通算365日取得可能

勤務

再雇用制度 退職者で、一定の要件を満たせば退職時と同資格で復職が可能
連続休暇制度 1年度5日間の連続した休暇取得制度
ハートフル休暇制度 1年度4日間の連続した休暇取得制度(分割取得も可)
半日有給休暇制度 有休日数のうち、1年度8回(4日間)を半日単位で休暇取得できる
時間単位有給休暇制度 有休日数のうち、1年度2日分の就業時間を時間単位で休暇取得できる
旧姓(ビジネスネーム)使用制度 結婚等による改姓後も、旧姓をビジネスネームとして利用可能
e-ラーニングシステム 自宅からでもアクセスでき、自己啓発等に活用できる

認定証

2005年「ファミリーフレンドリー企業」として愛知県からの認定取得後、2015年に「子育てサポート企業」として、厚生労働大臣から「くるみん認定」を、2016年には女性の活躍推進に関する取組の実施状況等が優良な事業として「えるぼし」(2段階目)の認定を受けました。

今後も、従業員のワークライフバランス実現に向け、働き方改革とともに制度の充実、利用者の普及、満足度の向上に努めてまいりたいと思います。

チームひまわり

女性視点を活かした成長戦略の企画推進や、ダイバーシティ推進体制の構築等を目的として2015年8月に誕生しました。

現在は支店長から若手まで年齢層や職種も多様な14名の女性行員で構成され、働きやすい環境づくりやキャリアアップに向けた取り組み、お客さまとの連携企画など、さまざまな分野で活動を行っています。

育休中のママ行員向けのセミナー等で、スムーズな復職を支援しています。
女性が働きつづけるための学びや意欲向上を目指して他企業の女性社員さんとも積極的に交流しています。
“お客さまに喜ばれる企画にしたい”“行員みんなが働きやすい銀行にしたい”、チームひまわりの会議では女性ならではの発想や自由な意見で、盛り上がっています。
ひまわりメンバーと女性行員との座談会では、仕事からプライベートなことまで様々な意見を交わし、働く現場の声を共有しています。