外貨預金の基礎知識

外貨預金には元本割れとなるリスクがあります

  • 円を外貨にする際(お預入れ時)及び外貨を円にする際(お引出し時)は、外国為替手数料(例えば、1米ドルあたり1円、1ユーロあたり1円50銭、1オーストラリアドルあたり2円、1人民元あたり30銭)がかかります。(お預入れの際は、外国為替手数料分を含んだ為替相場である当行所定のTTSレートを、お引出しの際は、外国為替手数料分を含んだ為替相場である当行所定のTTBレートを適用します。)したがって、為替相場の変動がない場合でも、往復の外国為替手数料(例えば、1米ドルあたり2円、1ユーロあたり3円、1オーストラリアドルあたり4円、1人民元あたり60銭)がかかるため、お受け取りの外貨の円換算額が当初外貨預金作成時の払い込み円貨額を下回る(円ベースで元本割れとなる)リスクがあります。
  • 外貨預金には、為替変動リスクがあります。為替相場の変動により、お受取りの外貨元利金を円換算すると、当初外貨預金作成時の払込み円貨額を下回る(円ベースで元本割れとなる)リスクがあります。
  • 名古屋銀行の財務状況の悪化や倒産により利息や元本があらかじめ定められた条件で支払うことができなくなる場合があり、当初元本を下回る(元本割れ)恐れがあります。
  • 為替市場の動向などによっては、外国為替の取扱いなどに応じられない場合があります。
  • 外貨預金は、預金保険の対象ではありません。

株式会社 名古屋銀行

閉じる

外貨預金とは?

外貨預金とは、円を外貨に替えるなどして、外国のお金で運用する預金のことです。
名古屋銀行では米ドルをはじめ、ユーロ、オーストラリアドル、人民元での預金が可能です。
それぞれ金利やお預入れ、お引出しの際の外国為替手数料が異なります。

外貨預金のリターンとリスク

リターン

高金利での運用も可能です(通貨によります)

外貨預金の金利は、その通貨を発行している国の金利水準が反映されます。

円安で為替差益が得られます

お預入れ時よりも円安の為替相場で外貨を円貨に換金すると、為替差益を得ることができます。

ただし、外貨を円貨に換金する際の外国為替手数料をご考慮ください。

リスク

円高で為替差損が発生します

お預入れ時よりもお引出し時の為替相場が円高になると、為替差損が発生し、元本割れとなるリスクがあります。

外国為替手数料がかかります

お預入れ時およびお引出し時には外国為替手数料がかかります。

外貨預金の為替損益

円から外貨に替える時と、外貨から円へ戻す時ではレートが異なります。この差が為替損益に相当します。

1ドル=90円で購入 1ドル=80円の円高になり損が発生 1ドル=100円の円安で利益を獲得

仲値とTTS、TTBとは?

外貨預金で適用される為替相場には、円貨から外貨預金に預入れる時の換算相場(TTS)と外貨預金から円貨で引出す時の換算相場(TTB)の2種類があります。
TTBはTTSより円高に設定されているので、たとえ預入れる時と引出す時の為替相場(仲値)に変動がなくても、TTBとTTSの差の分だけ元本割れを起こしてしまいます。

TTSとは?

円貨から外貨に交換するときの為替レートです。

TTBとは?

外貨から円貨に交換するときの為替レートです。

米ドルならTTSレートは仲値プラス1円1ドル=101円 米ドルならTTBレートは仲値マイナス1円1ドル=99円

本件に関するお問い合わせ

カスタマーセンター

[受付時間]平日 9:00~17:00(土日祝、銀行の休業日は除きます)