金融商品に関するお客さま本位の業務運営(フィデューシャリー・デューティー)基本方針

株式会社名古屋銀行(以下「当行」)は、「地域社会の繁栄に奉仕する」ことを社是とし、お客さま本位の姿勢を大切にしてまいりました。経営方針のひとつとして、「お客さまのニーズに適合した金融サービスの提供」を定め、真にお客さまのニーズに適合した質の高い金融サービスの提供に努めてまいりました。また、お客さまに提供する商品・サービスの内容について正しく開示・説明し、お客さまの的確な判断に資する情報提供に努めております。
当行は、これからも、お客さまの安定的な資産形成や資産運用の実現に向けて、役職員一人ひとりが、常にお客さま本位で考え行動することを徹底するため、金融庁が2017年3月に公表した「顧客本位の業務運営に関する原則」を採択し、「金融商品に関するお客さま本位の業務運営(フィデューシャリー・デューティー)基本方針」を制定いたしました。

金融商品に関するお客さま本位の業務運営(フィデューシャリー・デューティー)基本方針

名古屋銀行は、お客さまの安定的な資産形成や資産運用の実現に向けて、役職員一人ひとりが、常にお客さま本位で考え行動いたします。そのために、「お客さまのニーズに適した商品ラインアップの整備とサービスの充実」、「お客さま本位のコンサルティングの実践」、「アフターフォローの実施を通じたお客さまとの信頼関係の強化」、「お客さまの満足度を高めるための態勢整備」に取り組んでまいります。
それらの実施状況について、取締役会等に報告し、定期的に取組方針を見直すとともに、公表してまいります。

  1. お客さまのニーズに適した商品ラインアップの整備とサービスの充実
    継続的な商品の採用・見直しを行い、商品ラインアップを整備するとともに、サービスの充実を図ります。
  2. お客さま本位のコンサルティングの実践
    お客さまの安定的な資産形成や資産運用のために、それぞれのお客さまに合った商品を、ご案内します。
  3. アフターフォローの実施を通じたお客さまとの信頼関係の強化
    商品・サービスの提供後も、継続的なアフターフォローを通じ、お客さまの安定的な資産形成や資産運用に役立つよう、市場動向、時価等の情報提供やアドバイスを行います。
  4. お客さまの満足度を高めるための態勢整備
    お客さまの満足度を高めるために、高い専門性と倫理観を備えた人材を育成し、適切な業績評価体系を工夫するなどして態勢整備を図ります。

他者の信認に応えるべく一定の任務を遂行する者が負うべき幅広い様々な役割・責任の総称

2017年6月21日制定