マネー・ローンダリング等防止ポリシー

株式会社名古屋銀行(以下、「当行」といいます。)は、マネー・ローンダリング及びテロ資金供与(以下「マネー・ローンダリング等」といいます。)への対策が金融システムに対する信頼確保のために極めて重要であることを認識し、マネー・ローンダリング等に対する組織横断的かつ適切な行内態勢の構築に努めます。

  1. 組織態勢
    当行は、取締役会をはじめとする経営陣の主体的かつ積極的な関与の下、関係する全ての部門が連携・協働してマネー・ローンダリング等防止に取組みます。
  2. 法令等の遵守
    当行は、犯罪による収益の移転防止に関する法律、外国為替及び外国貿易法ならびに関係法令を遵守し、取引時確認、疑わしい取引の届出、その他必要な措置をとります。
  3. 疑わしい取引の届出
    当行は、疑わしい取引の該当性について適切に検討・判断を行う態勢を整備します。検知した疑わしい取引等は適切に処理し、当局に対し速やかに届出します。
  4. コルレス先管理
    当行は、海外コルレス銀行の十分な情報収集に努め、マネー・ローンダリング等防止対策を、定期的若しくは適宜実施します。
  5. 役職員の研修
    当行は、役職員に対し事務手続きを含むマネー・ローンダリング等防止に関する研修を継続的に実施します。
  6. 内部監査の方針
    当行は、マネー・ローンダリング等防止の状況について定期的に内部監査を実施し、さらなる態勢の向上に努めます。

2018年11月1日現在