お知らせ

お振込みをご利用のお客さまへ(10万円を超える現金でのお振込みについて)

平成19年1月4日より、10万円を超える現金でのお振込みの際には、本人確認書類のご提示が必要となりました。
国際的な要請によるマネー・ローンダリング/テロ資金供与防止を目的とした本人確認手続きに関する法令の改正に伴うものです。

  • 預金口座を用いて10万円を超えるお振込みをされる場合は、これまでと同様の方法でお取扱いできますが、本人確認手続きがお済みでない場合は、ATMのお取扱いはできず、窓口にて本人確認書類のご提示が必要となります。
  • 入学金・授業料のお振込み、公共料金等のお支払いも対象になる場合があります。

お振込みのお取扱いを以下の通りとさせていただきますので、ご協力をお願いいたします。

(お取扱い可:○、お取扱い不可:×)

お振込み方法 お振込み金額 お取扱い 本人確認手続き
現金でのお振込み 窓口 10万円以下 本人確認書類のご提示は必要ありません
10万円超 本人確認書類のご提示が必要です(※1)
ATM 10万円以下 本人確認書類のご提示は必要ありません
10万円超 × 本人確認手続きが行えないため、お取扱いできません
キャッシュカードでのお振込み 10万円以下 本人確認書類のご提示は必要ありません
10万円超 本人確認書類のご提示は必要ありません(※2)

※1当行にてご預金のお取引きがあり、既に本人確認の手続きがお済のお客様は、通帳やキャッシュカードのご提示をいただければ、本人確認書類のご提示は不要です。

※2本人確認手続きがお済みでない場合は、キャッシュカードによるお振込はご利用になれません。当行カードであれば窓口へ、他行カードであればカード発行金融機関にお問合せください。

本人確認書類は以下のものをいいます。

個人のお客さま

運転免許証、個人番号カード、健康保険証、介護保険証、パスポート、各種福祉手帳、国民年金手帳、在留カード、特別永住者証明書 等のうちいずれか

顔写真のない本人確認書類の場合は2種類のご提示が必要となります。

個人番号の通知カードは本人確認書類として使用できません。

有効期限のない書類は発行日から6ヵ月以内のものに限ります。

2020年2月4日以降に発行されたパスポートには現住所記入欄が存在しないため、単独では本人確認書類として使用できません。


【ご本人(振込依頼人)以外の方が来店された場合】

ご本人と来店された方の本人確認書類が必要となります。

ご本人と来店された方とのご関係を委任状等で確認をさせて頂く場合があります。

法人のお客さま

印鑑証明書、登記事項証明書、現在事項全部(一部)証明書

(注)
  • 発行日から6ヶ月以内のものに限ります。
  • 法人の代表者等ご来店された方につきましても、本人確認書類のご提示が必要となります。
    (顔写真のない本人確認書類の場合は、2種類のご提示が必要となります。)