外貨預金選びのポイント

外貨預金には元本割れとなるリスクがあります

  • 円を外貨にする際(お預入れ時)及び外貨を円にする際(お引出し時)は、外国為替手数料(例えば、1米ドルあたり1円、1ユーロあたり1円50銭、1オーストラリアドルあたり2円、1人民元あたり30銭)がかかります。(お預入れの際は、外国為替手数料分を含んだ為替相場である当行所定のTTSレートを、お引出しの際は、外国為替手数料分を含んだ為替相場である当行所定のTTBレートを適用します。)したがって、為替相場の変動がない場合でも、往復の外国為替手数料(例えば、1米ドルあたり2円、1ユーロあたり3円、1オーストラリアドルあたり4円、1人民元あたり60銭)がかかるため、お受け取りの外貨の円換算額が当初外貨預金作成時の払い込み円貨額を下回る(円ベースで元本割れとなる)リスクがあります。
  • 外貨預金には、為替変動リスクがあります。為替相場の変動により、お受取りの外貨元利金を円換算すると、当初外貨預金作成時の払込み円貨額を下回る(円ベースで元本割れとなる)リスクがあります。
  • 名古屋銀行の財務状況の悪化や倒産により利息や元本があらかじめ定められた条件で支払うことができなくなる場合があり、当初元本を下回る(元本割れ)恐れがあります。
  • 為替市場の動向などによっては、外国為替の取扱いなどに応じられない場合があります。
  • 外貨預金は、預金保険の対象ではありません。

株式会社 名古屋銀行

閉じる

名古屋銀行では4つの外貨預金をご用意しています。
特徴や投資のポイントをじっくり検討し、お客さまのスタイルに合った外貨預金を見つけてください。

目的に合った外貨預金を検討しましょう

外貨預金を検討するポイントは、外貨預金に期待する目的をはっきりさせることです。為替差益を狙うのか、それとも金利に期待をするのか。あるいは、外貨の資産をじっくりと増やしていきたいのか。それらの目的によって、短期の運用期間にするのか、長期の運用期間にするのかも、変わってくるでしょう。こうした目的をはっきりさせることで、ご自分に合った外貨預金を、上手に選んでいくことができます。

自分に合った通貨を選びましょう

名古屋銀行で取扱う通貨については、一般的に以下の特徴があるとされています。

米ドル

  • 世界の基軸通貨として流通している
  • 情報量が多く、テレビのニュースなどで為替相場を確認しやすい

ユーロ

  • 米ドルに次いで第二の基軸通貨として地位を確立
  • イギリスを除くEU主要国の統一通貨

オーストラリアドル

  • 比較的高金利の通貨として注目を集めている
  • 為替相場の変動が比較的大きい

人民元

  • 国際通貨基金(IMF)が国際通貨として認めている
  • 貿易決済や資金運用における人民元建ての取引が拡大している

本件に関するお問い合わせ

カスタマーセンター

[受付時間]平日 9:00~17:00(土日祝、銀行の休業日は除きます)